コラム|千種区 歯科 名古屋市 自由ヶ丘 ホワイトニング 審美歯科 歯周病 小児歯科

052-753-2050

052-753-2050

休診日:日曜日、祝日

コラム
コラム
コラム

フッ素が虫歯予防に効果がある理由とは

皆さんこんにちは。

デンタルオフィス自由が丘です。

フッ素が虫歯予防に効果があるのは、誰もが知っていることかと思います。

けれども、具体的にどのような理屈で虫歯を予防するのか、詳しく知らない方も多いことかと思います。

そこで今回は、フッ素が虫歯予防に効果がある理由をわかりやすく解説します。

フッ素で歯が強くなる

歯にフッ素を作用させると「歯が強くなる」という話をよく耳にしますよね。

そのため、フッ素は歯を強くするもの、という漠然としたイメージは広く普及していますが、実際には何が起こって歯が強くなっているのか気になるところですよね。

実はこれはフッ素を作用させた歯が「フルオロアパタイト」という特別な構造に作り変えられることで、強くなっています。

通常は「ハイドロキシアパタイト」という構造のエナメル質がフッ素の入ったフルオロアパタイトに変わることで、実際に強い構造へと作り変えられているのです。

再石灰化が促される

フッ素の虫歯予防効果としてもうひとつ忘れてはいけないのが「歯の再石灰化の促進」です。

歯というのは、虫歯菌が産生する酸だけに溶かされるのではありません。

日ごろから飲んでいる清涼飲料水など、お口の中のpHが酸性に傾く食品でも、歯が溶ける「脱灰(だっかい)」現象は起こるものです。

その時、しっかりと再石灰化現象が起これば、歯を正常な状態に保つことができます。

ちなみに、歯の再石灰化現象とは、酸刺激によって溶けた歯が修復されることを指します。

フッ素はその再石灰化現象を促す作用が期待できるのです。

まとめ

このように、フッ素は主に2つの理由から虫歯予防に効果があります。

とくに歯科医院で受けることのできる「フッ化物の歯面塗布」は、そうした2つの作用が高く、虫歯予防に役立ちますので、皆さんも積極的に受けるようにしましょう。

当院まで定期検診に来ていただければ、お口の中の検査だけではなく、フッ素塗布も実施いたします。