コラム|千種区 歯科 名古屋市 自由ヶ丘 ホワイトニング 審美歯科 歯周病 小児歯科

052-753-2050

052-753-2050

休診日:日曜日、祝日

コラム
コラム
コラム

歯周病と全身の病気との関係について

皆さんこんにちは。

デンタルオフィス自由ヶ丘です。

歯周病は、進行すると全身の病気のリスクを上昇させることがあります。

なぜお口の病気が?と疑問に思われる方も多いことかと思いますが、その関連については医学的にも証明されています。

今回はそんな歯周病と全身の病気との関係についてわかりやすく解説します。

歯周病の重症化で何が起こる?

歯周病が全身の病気を引き起こすのは、歯周病菌が全身へと移動するからです。

歯周組織には、当たり前ですが血管が存在していますよね。

そして、血管というのは全身の隅々にまで分布していて、酸素や栄養素を供給しているのです。

そこに歯周病菌が入り込んだら、全身へと拡散されていくのが容易に想像できるかと思います。

ちなみに、軽度の歯周病であれば、歯周ポケットが浅く、歯周病菌もそれほど繁殖していないので、全身を巡るようなこともありません。

血管を詰まらせる病気

血流に乗った歯周病菌や炎症性物質は、血管壁を硬くする「動脈硬化」を引き越します。

さらに、血栓などを生じさせることで、血管を詰まらせる「脳梗塞」や「心筋梗塞」などを引き起こすことがあります。

早産・低体重児出産の誘発

歯周病菌による影響が子宮にまで到達すると、早産・低体重児出産を誘発することがあります。

これは細菌などが子宮で炎症を引き起こし、早期に出産を促すような刺激を与えてしまうからです。

そのため妊婦さんは、歯周病を重症化させることだけは避けなければなりません。

糖尿病を悪化させる

歯周ポケットから血管内へと入り込んだ炎症性物質は、インスリンの効果を弱めることがわかっています。

これを「インスリン抵抗性」といいます。

糖尿病の実態がインスリンの効果の減弱やインスリンの減少なので、歯周病というのは直接的に糖尿病の症状を悪化させるといえるのです。

同時に、糖尿病も歯周病の症状を悪化させることから、この2つの病気は、相互に悪影響を及ぼし合うといえます。

誤嚥性肺炎を誘発する

歯周病は、肺炎を引き起こす原因にもなります。

ご高齢の方は、飲み込む力が弱まっているため、「誤嚥(ごえん)」を起こす機会が増えてきます。

誤嚥とは、食べ物などを食道ではなく気管へと誤って飲み込んでしまう行為です。

その際、唾液や食べものなどに細菌が付着していると、気管や肺で細菌感染が起こり、誤嚥性肺炎を発症するのです。

まとめ

このように、歯周病はさまざまな全身疾患と関連がありますので、重症化させないよう注意しましょう。

いずれも命にかかわるような重大な病気なので、十分に注意する必要があります。